〜競走馬総合研究所の足跡〜


昭和34年
 
「競走馬保健研究所」創立(庶務課、衛生課、研究課の3課)
  38年
常磐支所設立。研究所分室(禁止薬物検査部門)設立。
  39年
装蹄研究室設立。「獣医技術」(現「馬の科学」)創刊。
  40年
研究所分室は財団法人「競走馬理化学研究所」として独立。
  41年
研究課が運動生理課、臨床課、防疫課の3課となる。
  45年
小金井分室(44年設置)が栃木支所となる。
  46年
保健業務課新設。研究課が1から4課に分かれる。
馬のインフルエンザ流行に伴い、その防疫に全所あげて取り組む。
  50年
常磐支所にわが国初の馬のスイミングプールが完成。
  51年
競走馬の育成、調教、遺伝等に関する研究を新たに加える。
  52年
馬場施設研究部門を新たに加え、本所1課5室(企画調整室、庶務課、
馬事第一〜第三、施設研究室)、常磐支所、栃木支所1課1室(管理課、
感染病研究室)となり、「競走馬総合研究所」と名称変更。
栃木支所が「家畜伝染病予防法」に基づく学術研究機関に指定される。
  53年
美浦トレーニング・センターで集団発生した不明発熱馬の病因解明に取り組む
  55年
馬事第一〜第三研究室が馬学、運動生理、病理、臨床の4研究室となる。
  57年
ウマのゲタウイルス感染症に関する研究で日本獣医学会賞受賞。
栃木支所感染病研究室が2室(病原、疫学)になる。
  63年
第105回日本獣医学会を司宰。
平成 元年
創立30周年記念式典挙行。
   6年
第7回国際ウマ伝染病会議を司宰。
   7年
生命科学研究部門を新たに加え、本所1課5室となり、
栃木支所は管理調整室を新たに設け、1課3室となる。
   9年
宇都宮育成牧場を閉場。同地に本所を移転。業務課、会計課を加え、
3課5室となる。
  10年
第125回日本獣医学会および第5回国際馬運動科学会議を司宰。
日高育成牧場に生産育成研究室が設置されたため、本所から6名の職員が移籍。
  18年
経営改革委員会の方針に従い、業務課を企画調整室に統合。
  21年
第147回日本獣医学会を司宰。
創立50周年記念式典挙行。(pdfファイル
  22年
本所会計課を総務課に、栃木支所総務課を管理調整室に統合。
本所RI実験室を閉鎖。
  23年
本所生命科学研究室と施設研究室を廃止(1課3室)。
  28年
本所を下野市に移し、本所と栃木支所を統合。本所は1課5室となる。
  29年
常磐支所を競走馬リハビリテーションセンターへと名称変更。
 
 ■ 研究所のあゆみ 〜平成21年(pdfファイル) 
      ※Acrobat 7.0以降で開いてください。旧バージョンには対応していません。



 
TOPへ