こんなにもエキサイティングなドラマがあるだろうか。

  わずか数分で終わってしまうレースに、馬も人も全力を

  かたむける。

  この日のために生まれ、鍛えられた体力と精神力。

  馬とともに歩みたい。もっともっと応援したい。

  競走馬総合研究所は、競走馬のスポーツサイエンスを究め、

  競馬の発展と競走馬の未来に貢献していきます。

 
 

  競走馬総合研究所は、1959年にJRA(日本中央競馬会)の付属機関として

 設立されました。当時は競走馬保健研究所の名称で、競走馬資源の確保と円滑な競

 馬の施行を図ることを目的としていました。この目的は現在も大きく変わることは

 ありませんが、スポーツ科学、スポーツ障害および伝染病対応に関する研究に主眼

 を置くようになってきています。

  また、対象を競走馬に限ることなく、生産・育成に係わる問題にまで広げて、幾

 多の研究成果を上げてきました。これらの成果は、トレーニング・センターや生産

 地、育成牧場などで応用され、役立てられています。

 

 

TOPへ