2008.7.23

 
ミミのネイルケアー

さて今日は、久しぶりにミミの削蹄です。
まあ言い換えればネイルケアーということで装蹄師さんにきれいにしてもらいます。
競走馬ですと大体1ヶ月くらいで改装といって蹄鉄をはずして、蹄を削って整えてもらい新しい蹄鉄をつける作業を行います。ミミは普段から跣蹄といって人で言う「はだし」で蹄鉄を履いていない状態ですので、伸びた蹄をきれいに整えてもらうだけです。


伸びすぎたところを鎌で切って


やすりできれいに整えます。
よく考えると人のつめきりと同じですね。


今回の切った蹄です。


蹄をきれいにしてもらって、少しご機嫌かな。
さて、今日はついでにあれをやりましょう。
ミミも女の子なので気になるアレです。


みんなで適当に「250!」「200!」とか数字を言い合っています。
ただいまミミの体重測定中です。
さて正解は・・・。


220kgが正解でした。
これは馬衡器(通称カンカン)で、競馬場での馬体重を測定している器械です。
きちんと測定板の上に載るだけで体重が分かります。
ミミみたいにジッとしていると測りやすいですが、いれ込んでばたばた動かれると落ち着くまで待たなければなりません。
ミミももはや体重の変動くらいでは動じなくなったのか、もうあきらめているのかは定かではありませんが・・・。





Back