日本ウマ科学会 第23回学術集会のお知らせ

 
 日本ウマ科学会では、第23回学術集会の開催を下記のとおり予定しています。
 つきましては、当学術集会での一般口演を別添のとおり募集いたしますので、
奮ってご応募下さるようお願いいたします。

 
日 時 :
 
2010年
 
11月29日(月)13:40より
11月30日(火) 8:30より
 
場 所 :
 
東京大学農学部 
弥生講堂(一条ホール・アネックス)、3号館教授会室
 
プログラム : ※詳細はこちら(Wordファイル)をご覧ください
 11月29日(月) 一般口演・総会・企業展示・JRAとの合同懇親会
 
 11月30日(火) 一般口演・シンポジウム・WEVA特別講演・企業展示
馬臨床獣医師ワーキンググループ症例検討会・招待講演
 
   なお、11月29日は、第52回JRA調査研究発表会が併行開催されます。
      ※プログラムはこちら(pdfファイル)です。

 参加費

会 員 3,000円
非会員 5,000円
学 生 1,000円 (会員・非会員を問わず)  

WEVA特別講演 (弥生講堂;11月30日 13:00より)
講演1.
  タイトル:The Management of Dynamic Upper Airway Obstruction in Horses
講演者:Dr. Timothy Greet, President of WEVA, Rossdales Equine Hospital,
Newmarket, UK, Past President BEVA and BVA
講演2.
タイトル:Equine Intra-articular Injection Techniques and Drug Selection
Gastric Ulcers in Race Horses

講演者:Dr. Gary Norwood, Senior Vice President of WEVA,
Past President of the AAEP and WEVA

シンポジウム (3号館教授会室;11月30日 13:00より)
  テーマ:最近の乗馬事情を知ろう!
座 長:局 博一(東京大学)、青木 修(日本装蹄師会)
(1) パラ馬術世界選手権への挑戦 −それは神様からの贈り物− 浅川信正(静岡乗馬クラブ)
(2) 高校生とウマとの触れ合い(静内農業高校生の挑戦) 杉本忠宏(静内農業高校)
(3) 明日の馬術界を読む −欧州事情を踏まえて− 北原広之(JRA馬事公苑)
(4) 内国産乗用馬の今日そして明日 藤田知己(全国乗馬倶楽部振興協会)

【馬臨床獣医師ワーキンググループ症例検討会】(弥生講堂;11月30日 8:30より)
  テーマ: 馬の骨折治療
座 長: 田上正明(社台ホースクリニック)
パネラー: 田上正明(社台ホースクリニック)
樋口 徹(NOSAI日高家畜診療センター)
滝沢康正(JRA馬事部獣医課)
姉崎 亮(つくばレースホースクリニック)
コメンテーター: Dr. Dean W. Richardson

【馬臨床獣医師ワーキンググループ招待講演】(弥生講堂;11月30日 9:30より)
  講演タイトル:ロッキング・コンプレッション・プレート(LCP)は馬の骨折治療を変えるか?
講演者:Dr. Dean W. Richardson, DVM, DACVS, Charles W. Raker Professor of Surgery Chief of Large Animal Surgery, New Bolton Center, University of Pennsylvania.
座 長:佐々木直樹先生(帯広畜産大学臨床獣医学研究部門大動物外科学研究室)




 開始時刻、終了時刻は、変更されることがあります。 ※クリックすると拡大できます。


◎◎◎ 第23回学術集会の一般口演応募方法 ◎◎◎      

 
1.演 題:ウマに関するものであれば、分野を問いません。
       原則として先着順に受付けます。

2.演 者:1人1題。ただし会員に限ります。

3.発表時間:1題につき発表8分、質疑応答4分、合計12分とします。
       ただし演題数により変更することもあります。

4.申込方法:郵送、または電子メール添付にてお申し込みください。

・郵送による申込方法:下の要旨作成要領に従って作成した要旨を添えて、
      下記宛にお申し込み下さい。
   〒320-0856 栃木県宇都宮市砥上町 321-4
      JRA競走馬総合研究所内・日本ウマ科学会事務局
         Tel:028-648-5099  Fax:028-647-0686
電子メールによる申込方法:下の要旨作成要領に従ってWordで作成した要旨を
      添付して、日本ウマ科学会学術担当の石田のメールアドレス
      (noishida@center.equinst.go.jp) 宛に送付して下さい。

* 要旨作成要領
 ○A4版の用紙1枚に下記の要領で活字
  印刷(ワープロ使用可)して下さい。
 ○演者名の頭に○印を付けて下さい。
 ○図表は、要旨の中に含みます。
 ○そのままオフセット印刷いたしますの
  で、以下の点にご留意下さい。
 a.原寸大印刷となりますので、
  あまり小さな活字は使用しない。
 b.天地左右に、各2cmの余白を設ける。
 c.送付時には、原稿保護のため
  厚紙の台紙を添える。
 封筒または台紙またはメール本文中に、
 連絡先の氏名と住所、メールアドレスを
 明記して下さい。

5.締切期限2010年10月1日(金)(消印有効)

6. 発表方法:発表は液晶プロジェクター1台を用意します
  (PowerPoint 2003, WindowsXP)。
  また、万全を期するため、発表スライドを保存したCD、
  USBメモリ等(メール添付も可noishida@center.equinst.go.jp
  11月19日までに事務局へご送付下さい。